ハワイでwi-fiを使いこなす!

Pocket
LINEで送る

こんばんわ、keisukeです。

6月に友人が結婚式をあげます。ジューンブライドってやつですね。
その結婚式なんですが、ハワイで開催されるらしく。
私も参加することとなりました。

Copyright Paylessimages,Inc. All Right Reserved.
xf0800507083l

そこで考えなきゃいけないのが、データ通信をどうするのか?ということ。
海外でも情報収集したいですし、ブログも書きたい!(っていうほど更新してませんが。。)
あと、友人数人と行く&別々のホテルに泊まったりという状況が予定されているので、ハワイでもいつでも連絡がとれる状況を作っておくのは必須!

ということで、いろいろ調べてみたところ、以下の選択肢がありそうだということがわかりました。

  1. 日本国内のキャリアのサービスを使用する。
  2. wi-fiルーターをレンタルする

ということで、それぞれの選択肢を比較調査してみました。

①日本国内のキャリアのサービスを使用する。

自分はiphone5(softbank)なので、まずはsoftbankの海外サービスを調べてみました。

海外パケットし放題

やはり海外の通信でも、通信量に依存して値段体系が変わることになっている模様。。

〜25M ⇒ 定額1,980円
25M〜 ⇒ 定額2,980円

25Mは普通に使っていればあっという間に超えてしまう通信量。
ということを考えると、1日2,980円は確実ですね。

ちなみに、日本では1ヶ月7Gの制限や、3日で1Gの制限はどこにも記載されていないため、存在しない模様。
あと、海外パケ放題の際に使用した通信量が国内の通信量に加算されるのか?という点も気になりますが、これは、softbankのホームページに以下の記載があったため、その点は問題なさそうです。

パケット通信量のカウントは、対象回線における3G/SoftBank 4G/SoftBank4G LTEネットワークのご利用合計で行います(海外でのご利用分や定額対象外のパケット通信などは対象外となります)。

ちなみに、docomoやauのその他のキャリアの海外利用の料金は以下。キャリアによる差はほとんどありません。なんか示し合わせてるんですかね??
海外によく行く人なら、海外利用の料金が安ければキャリアを乗り換えてくれそうなので、かなりのアピールポイントになりそうな気がしますが。

docomo : 20万パケット(約24.4MB)までは1,980円/日。20万パケットを超えて利用した場合は、2,980円/日。
詳細はこちら。海外パケ・ホーダイ

au : 約24.4MBまでのパケット通信料が最大1,980円/日、どれだけ使っても最大2,980円/日。
詳細はこちら。海外ダブル定額(LTE)

(しかし毎回思いますが、各キャリアの通信量の説明って不親切ですよね。。パケット数で説明されても正直わかりづらい。まあ、じゃあ何の単位で説明すりゃいいのと言われると難しいですが。。。。)

②wi-fiルーターをレンタルする

この方法については、結構いろんな会社が提供しているみたい。
で調べてみたところ、こちらのサイトが非常にわかりやすい比較サイトになっていました。

【海外携帯続々レンタル中】海外用Wi-Fiレンタルの比較ページ

うーん、料金を見る限り、だいたい1000円/日という感じ。これって、国内キャリアのパケ放題に比べるとほぼ3分の1の価格です。とくに通信データ量による金額の変動も発生しなさそう。
となると、もう比較するまでもなく、「wifiルーターをレンタルする」という方法で決まりか??

あと、レンタルに際して考慮しなければいけないのが以下の点。

  • 通信データ量による速度制限の有無
  • 端末保証保険の加入要否
  • 充電用バッテリーのレンタルの要否

まず、「通信データ量による速度制限の有無」ですが、レンタル会社によっては明確に「3日間で400M超の場合に制限」と記載されていたり、「大量のデータ通信を行った場合に制限が発生するけど、詳細は海外のキャリアに確認してね。」と記載されていたり、はたまた何も記載されていなかったり、とかなり曖昧な感じになっています。
結局、wi-fi機器を提供してくれる会社は、あくまでも「wi-fi機器のレンタル会社」でありキャリアではないので、レンタル会社によって速度制限の差異が発生することは考えにくいと思います。(推測でしかないですが。。。)
ってことを考えると、この点については、何も考えないのが一番、と判断しました。

次に、「端末保証保険の加入要否」ですが、これが結構な値段となりまして、だいたい1日に300円が必要となっています。で、もし加入していない場合に、wi-fiの本体が紛失したりすると、5万円以上の弁償代金が発生するようです。
・・・・って、wi-fiの機器ってそんなしないでしょ。1万円ぐらいで買えると思うんだけど。。。まあ、端末の代金だけではなくて、wi-fiの契約なんかのやり直し手数料とかも含められているのかもしれませんが。。。とはいえ、ちょっと高過ぎな気が。何も知らない人はこれを見たら100%加入しちゃうでしょ。そこを狙ってるんでしょうが。。

で、この「端末保証保険の加入要否」ですが、一部のレンタル会社では、この保険をそもそも用意していません、と記載されてました。
 
ハワイ アメリカ Wifi iPhone Pocket Wifi ルータ 携帯 レンタル Global Advanced Communications
 
AIUの海外旅行保険に入っていればレンタル機材も保険の範囲に含まれるので、わざわざレンタル端末のみの保険に入る必要はない、って発想。確かにその考えは妥当だな、と思います。
でも、ってことは、クレジットカードについている海外旅行保険でもよい?
ってことは、そもそもどの保険にも追加で加入する必要はないのでは?
しかし、クレジットカードの海外旅行保険は、物品の保険についてかなり差異があるようなので、ここはもうちょっと確認が必要そうです。

最後に、「充電用バッテリーのレンタルの要否」ですが、これはそもそもレンタルするのが「eneloop」とかだったりするので、自分で日本から持ってけばよいですね。

ということで、やはり、「日本国内のキャリアのサービスを使用する」方法よりも、「wi-fiルーターをレンタルする」という方法がよいようです。
あと、レンタル会社の選択はwi-fiルーター本体のレンタル金額のみを考慮して考えればよさそう。

ということで、今回の旅行では、現時点(2013/5/7現在)で最安値の「グローバルWiFi」にてwi-fiルーターをレンタルする方法を採用してみようかと思います!

・・・と思ったのですが、実は、「ハワイの現地でwi-fiルーターをレンタルする」という方法もあるようです。この方法の何がいいかというと、日本で借りて行くと日本で借りている期間レンタル料金がかかってしまうのですが、現地で借りれば現地で滞在している期間レンタルすればよいので、1日分のレンタル料金が不要になる、という点。
しかし、この方法は、現地に着いてからそのお店に機材をレンタルしにいく手間がかかるので、ちょっと行動が制限されてしまいます。うーーん、4泊6日という限られた日程の中でわざわざレンタルショップに行く時間を作るのは微妙。。。ということで、今回の旅行では却下しました。
ハワイに長期滞在する人なら、この方法が最も安く済む可能性があるので、是非検討してみてください!

関連記事: