禁煙に成功した話

禁煙に成功した話

Pocket
LINEで送る

禁煙

こんにちは。

今年の目標としてあげていた禁煙。(ここ数年ぐらいずっと今年の目標にしてるんですけどね。。)

切りよく1月1日から開始!とはできませんでしたが、新年度の開始に合わせてということで、ついに2018年4月1日から禁煙を開始しました。
そして、10月になった現在まで問題なく禁煙できてます。

まだ禁煙を開始し約半年しか経っていないタイミングではありますが、特別苦しさも感じていないため、禁煙は成功!と言ってもよいと思います。
せっかく禁煙に成功できたので、私が禁煙のためにやったことをここで報告してみようかと。正直どこまで参考になるのか不明ですが、誰かの禁煙のお役に立てれば幸いです。

そもそも禁煙する理由

なぜ禁煙をするのか。これは一言で言うなら、タバコが人に迷惑をかける行為だから、ということですね。

自分が病気になるだけなら、人に迷惑をかけていないので、まあ許されるのかもしれません。(と言っても保険を使って治療する時点で税金を使ってますので、人に迷惑をかけてるという見方もありますが・・・)

しかし、タバコを吸うことにより、その副流煙で周りの人に迷惑をかけてしまいます。
この、「喫煙は人に迷惑をかける行為である」ということが、世間的にも許されませんし自分自身も許せなくなったということです。

タバコが人に迷惑をかけることは昔から言われていたことですので、今更それに気づいたというわけではありません。やっとその重大さに気づいたというところが本当のところです。

タバコを吸うメリットとデメリット

なぜタバコを吸ってきたのか。

私が高校生ぐらいのとき(つまり20年ぐらい前ですね)は、タバコを吸ってること自体がかっこいい、というような時代でした。映画で俳優のタバコの吸い方がかっこいいからと言ってみんなで真似をしていたような時代ですね。
しかし、今タバコを吸っていると、嫌がられることはあってもかっこいいと思われることはまず無いでしょう。

タバコのデメリットは、以下のようなものです。もはや知らない人はいないレベルの内容。

  • そもそも吸っている人自身の体によくない
  • タバコの副流煙によって周りの人間に健康に悪影響を与える
  • お金ももったいない
  • 人から臭いと言われる

受動喫煙については、厚生労働省よりわかりやすい資料が展開されていました。

喫煙と健康 厚生労働省喫煙の健康影響に関する検討会報告書(平成28年8月)の概要を知りたい人のために

しかし、タバコを吸うことにも少しはメリットがあると考えています。例えば、イライラした時の気分転換になるとか、よい時間潰しになるとかですね。あと、一仕事終えた後や食後など美味しいと感じられる瞬間があることも、タバコのメリットだと考えています。

とは言え、上記のようなメリットを大幅に上回るデメリットが見えてきた(より一般に認知されてきた)から、ってことですね。
禁煙が成功した今となっては、非喫煙者の横でタバコを吸うって、もはや怖くてできない気がします。

また、ついに東京でも受動喫煙を防止するための条例も可決されました。国よりも規制が厳しいということで大きく注目されています。
2020年にはオリンピックが開催されますからね。当たり前といえば当たり前。

受動喫煙防止条例が成立 東京都、国より規制厳しく

以上のように、時代は完全に「公の場での喫煙を許容しない流れ」になっています。

どうやって卒煙したのか?

これまで20年近く吸い続けてきたので、パッとタバコが辞めれるのかは非常に不安でした。
正直、過去に禁煙らしい禁煙をした経験もありません。

そのため、何かしらの力を借りようと考え、以下の本を読むことにしました。

ただ、文章だけだと、もしかすると重要なポイントの理解が不十分になり、その結果禁煙に失敗してしまうかもという不安があったので、同じ本のマンガバージョンも購入。
マンガなら要点絞ってくれてるから、理解が不十分になることはないはず、という安易な考えです(笑)

上記の本とマンガを読んで私が理解した“禁煙のポイント”は以下。

  • タバコは麻薬と同じだと認識すること
  • 禁煙によってもたらされるのは、“タバコが吸えなくなる”という悲しみではなく、“タバコから開放される”という喜びだと理解すること
  • 最後のタバコを吸う際には、この1本で最後だということを強く意識し、儀式化すること

正直なところ、「おお!これは新しい考えだ!」というような内容ではなかったので、この本のおかげで私が禁煙に成功できたのかは全くわかりません。ただ、最後のタバコを吸うことを儀式にする、という点については、自分の中でも禁煙に対してきっちり線を引くことができたので、非常に良い方法だと思ってます。

禁煙の結論

結果、あまり苦しむことなく禁煙できました。

ただ、禁煙した結果としてよく言われていた「禁煙するとご飯がおいしくなるので太る」ということは、私の場合は全くありませんでした。特段、ご飯の味にも変化はなし。

禁煙をして良かった点は、

  • 喫煙所を探し求めてウロウロすることがなくなった
  • タバコが吸えなくてイライラすることがなくなった

というところですかね。

口臭や体臭が改善されたのかは・・・正直よくわかりません。

禁煙によって発生したマイナス点は、

  • ちょっとした時間つぶしに困る
  • 仕事中の休憩がしづらい

ですかね。
休憩しようにもすることがなくて、その辺をぶらぶら散歩することが多くなりましたw

ということで、本も紹介はしてみましたが、禁煙に必要なのは、最終的には自分自身が本当に“禁煙したい”という意思を持てるかどうかだと思います。

あなたは、お子さん等の家族や恋人が周りにいるのに、平気でタバコが吸えますか?今やそれは、その人に対して暴力を振るっていることと同義ですよ?
禁煙ができなくて困っている人は、ぜひ大事な人のことを思い浮かべてみてください。

関連記事: