食ブログ 鮨人@富山

Pocket
LINEで送る

こんにちは。

先日、ずっと行きたいと思っていた鮨人に行ってきました。
アンジャッシュ渡部さんの「グルメ王の休日」で紹介されていたのを見てからずっと伺いたかったんですよね。

今回は時間の都合で、ランチにお邪魔させていただきました。

ランチは二部制になっており、12:00からの回と13:15からの回があるようです。
今回は12:00からの回に伺わせていただきました。

コースは、3,000円、4,000円、5,000円のコースがあるようでして、私は4,000円のコースをいただきました。
でもせっかくなら5,000円のコースにしておけばよかった、と後から悔やみました。。。隣の人を見て羨ましくなっちゃうので。。。

huluで見た門構え。

入店後に、大将に写真を撮っていいかを尋ねると快くOKをいただきました。

まずは茶碗蒸し。梅がのっていてさっぱりした味ですね。

最初の握りは紅白のエビ。
白えびと甘エビの昆布締めです。見た目のコントラストもよいですが、味も甘エビの甘さと白えびの甘さに違いがあって非常に美味!

続いて鯵。脂が乗ってます。

スミイカ。
甘みがあって美味しい。

くるまだいの昆布締め。

中とろ。産地を説明していただいたのですが・・・ちょっと忘れてしまいました。。
でも脂が乗ってて美味しかった!

のどぐろの串とズワイガニ。
やっぱり北陸と言えばのどぐろ。脂がのっていてめちゃくちゃ美味しかったです。

のどぐろの血と骨だけを煮込んだ汁もの。
塩などの調味料は一切入れていないということでしたが、非常に濃厚な味がして美味しい。

煮あなご。握りはこれで最後。
やわらかくて美味しいあなごでした。

締めにデザート。塩アイスを挟んだ最中です。一緒に濃厚なお茶も出していただきましたが、これがまた合う。
隣のお客さんは日本酒を飲んでましたが、日本酒にも合うよ、と大将がおっしゃってました。試してみたかった。。。

なお、全ての握りを大将が握ってくれたのですが、周りの方の経験がまだ浅いのか、料理の提供のタイミングなどが合っていないことが多く。結構あたふたされていた印象でした。

座敷もあって席数も多いので、ランチのように一斉に人が入ってくると結構しんどいのかもしれませんね。
今回はたまたまそういう人が不在だっただけなのかもしれませんが、呼吸の合う板前さんがいるともっとサービスがよくなるのにな、と思いました。

ただ、握りは美味しい。これは微妙だなあというネタは全くありませんでした。
一品一品が凝ってますしね。

ランチだとコスパはいいですが、量がやはり物足りなく感じました。
なので、今度は夜にぜひお伺いしたいと思います!

関連記事: