白い歯について2017年12月に保険適用が拡大!!銀歯を交換できる??

Pocket
LINEで送る

こんにちは。

あんまり報道されていないような気がしますが、非常に喜ばしいニュースです。

基本的に歯の治療の場合、いわゆる銀歯は保険内で治療可能、白い歯は保険適用外、という認識を持っていました。
世間一般的な認識もそうだったはず。

しかし、奥歯にも保険内で白い歯を使うことができるようになったとのこと。
これは非常に喜ばしい。

通常、保険適用外の白い歯を利用するとだいたい10万円を超える金額になるはずです。素材によってはもっと金額は高くなります。

私も過去に、歯の神経を治療した際に、銀歯か白い歯で迷った結果、10万円は厳しいということで銀歯にしたことがあります。

今回、保険適用内になったということで、その金額はだいたい「銀歯の2倍程度」ということ。
金額は以下のサイトを参考。

2017年12月より、保険診療で奥歯にも白い材料が使用可能になりました。

ただし条件があるようで、素材の強度が十分とは言えないようで、第二大臼歯が全て残っている&第一大臼歯にそこまで負荷がかからないような噛み合わせとなっていることが必要なようです。

上下顎両側の第二大臼歯が全て残存し、左右の咬合支持がある患者に対し、 過度な咬合圧が加わらない場合等において下顎第一大臼歯に使用する場合

そもそも下顎第一大臼歯ってどこ?

歯の名前って難しいですね。。。パッとはわからない。

なのでいろいろ調べて理解しました。

まず、”大臼歯”とは、いわゆる奥歯のことです。
“下顎第一臼歯”ということは、前歯から見て最も手前の下の奥歯です。

親知らずが”下顎第三臼歯”ということなので親知らずを抜いている人は、奥から2番目の歯になります。

wikipediaからお借りした画像ですが、以下の赤い歯が対象になります。

実は小臼歯も白い歯が保険適用内になっていた!!

今回の記事のために調べていて知ったのですが、実は2014年度に小臼歯にも保険内で白い歯を入れることができるようになっていたようです!

笑うと目立つ銀歯は白くできる?

小臼歯とは、前歯でも奥歯でもないその間にある歯です。第一大臼歯の手前とその隣の歯になります。(左右上下で合計8本あるはず。)

いやー、知らないうちに保険適用範囲が広がっているんですね。小臼歯も含めると、対象の歯がすでに銀歯になってしまっている人も結構多いのでは?

現時点で銀歯ではないけどこれから治療に行く人、現在銀歯だけど白い歯に変更したいなと思っていた人。
ぜひ歯医者さんに行った際には「保険適用内で利用できる白い歯があるって聞いたんですけど使えますかね?」ということを聞いてみてください。

関連記事: