新しいMacbookを買うべき理由

こんばんは、takeです。
ご無沙汰どころか、もはや書いていた事実すら忘却の彼方…。
でも、今日は「言っておきたいことがある」と思ったので、キーボードを叩いています。

Unknown2

さて、先日Appleの新製品発表で、新しいMacbookが発表されました。
iPhoneやiPadと同じように、黒・銀・金の3色展開。
しかも、Macbook Airさながらの薄さ、軽さ。
もう、誰が見てもモバイル時代の新基準とも言えそうな外観や携帯性に、うっとりしそうな製品ですよね。
Retinaディスプレイ搭載で、もう間違いない!

Unknown3

かと思いきや、ネットでは意外と賛否両論。
その大きな原因は「拡張性」にあるようです。

Usb

今回、新しいMacbookでは、今後のスタンダードになりそうなUSB-Cが搭載されています。
iPhone5で脚光を浴びたLightningケーブル同様、表裏を意識すること無く使える、新しいUSBの規格です。
端子も小さく、これもモバイル基準で考えれば、すごく使い勝手の良いもの。
でも、今回のMacbookには、唯一このUSB-Cしか搭載されていないのです。

これまでもMacやPCを利用してきた人ならもちろん、家にUSB接続の機器が幾つかはあることでしょう。
iPhoneやiPad、iPodと言ったApple製品でも使われていますよね。
しかも、家で利用する機会の多いMacやPCでは、外付けのHDDやDVDドライブなど、本当に様々な機器をUSB接続して利用していると思います。
それら全てが使えなくなったら、どうしますか?
コツコツと集めてきた周辺機器が、ただの鉄クズになったら。。
簡単に言うと、このリスクが賛否両論のもとになっている(ケースが多い)感じですね。

確かに、USB-Cが1ポートあるだけだと、「iPhoneを充電しながらDVDを観る」とか、「バックアップにTimemachineを常時接続」なんて使い方には不便。
いや、それどころか、そもそも接続できなかったりするかも。
と、不安になること請け合いです。

でも、ですよ。

この新しいMacbookが、完全モバイル想定だとしたらいかがでしょうか?
iPadのように簡単に持ち出せて、
物理キーボードと独立した12インチ画面で快適に操作できて、
しかも(一つまでなら)USB機器を接続して使用できる。
こんなに便利なモバイル機器があったでしょうか。
いや、思い当たりませんww

まぁ、信者か販売員みたいな売り文句はさておき、外での使用はかなり快適だと思います。
それだけでも、買う理由になるんじゃないかと。
買わない理由を無くす。でも良いんですけどね。

そして、ここからが本題。

Appleという会社は、これまでも古い体制を打ち壊してきた会社です。
その哲学は、かの有名な“Think different”というスローガンにも現れています。
1998年に発売された、あの有名なiMac(クリアーボディのやつ)では、当時当たり前だったフロッピーディスクを廃止し、今回注目されているUSB接続をデビューさせました。
また、2012年のMacbook Proでは、DVDなど光学ドライブを廃止し、音楽やソフトウェアのダウンロード販売を促進しました。
このように、その時代に当たり前に存在する、しかしながら今後廃れていくであろう技術には、積極的に「NO」という会社なのです。

AppleのAppleたる所以は、そこにあると思っています。

ぶっちゃけ、iPhoneのブームからMacを使い始めた人たちはには、ちょっと理解されにくい思想かもしれません。
でも、新しいことを積極的に受け入れ、イメージしている以上の未来・世界を創り続けているのは、誰もが認めるところではないでしょうか。

熱が入って、結構長くなってしまいました。
今日言いたかったのは…

新しいMacbookは、正にAppleらしい製品。
だから買っちゃおうよ。
そして、一歩先に行っちゃおうよ。

ってことです。

Unknown

関連記事:

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket