The one year anniversary of Steve’s death.

Pocket
LINEで送る

takeです。

みなさんは既にご存知だと思いますが、2011年10月5日(米時)にSteve Jobsがなくなりました。
それから早一年ですね。
Appleのウェブサイトでは追悼映像が公開されています。

スクリーンショット 2012 10 06 1 29 19

SteveはAppleを創業し、一度は追い出されるもののNeXT買収によって復帰、その後はiMacやiPod、iPhone、iPadなどの革新的な製品を夜に送り出すことで、世界一とも呼べる企業に成長させました。
Appleだけではなく、(自分を含めて)人々の生活を豊かにし、また「デザインとは何か」という問に対して一つの答えを提示してくれたように思います。
自分がmikanを始めるきっかけになったのも、AppleやMacの存在ありき。
「美しい」ということや「楽しい」ということの重要性に気付かせてくれた存在だと思っています。

Steveの生み出した世界観や考えは、今後も脈々と受け継がれていくでしょう。
また、Steveのように美しい世界を追求していきたいとも考えています。

だけど、それだけじゃつまらないと思いませんか?

One more thing.

彼の描いていた想像を超えるような未来を創っていきましょう。

ウォルター・アイザックソン
講談社 2011-10-25
¥ 1,995

ウォルター・アイザックソン
講談社 2011-11-02
¥ 1,995

関連記事: