ARについて考えてみる

Pocket
LINEで送る

skitchこんばんは、K-sukeです。
 
最近やっと涼しくなってきましたね。

突然ですが今日は、AR(augmented reality)、日本語で言うところの「拡張現実」について。

皆さんも既にご存知かと思いますAR。wikiで調べたところ、「人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉」と言う定義でした。
ちょっと前に話題になったGoogleGlassもARを使ったデバイスですね。
わかりやすいところで言うと、ドランゴンボールのスカウターなんかも正にARを使ったデバイスです。
 
そんなAR。かなり前から話題にはなっていますが、ここ最近AR関連のアプリやらサービスをよく目にするようになってきました。

まずはGoogleGlassっぽいこちら。

グーグルグラスより未来っぽい! ARスマートメガネSpaceGlasses(動画あり)

見た目がちょっとダサいですが。。。

後は、降雨予測とか。

ゲリラ豪雨が来る方角がわかる!「Go雨!探知機」あれば自分の周辺の雨量をARで表示!

skitch
 
これは、ゲリラ豪雨が日常となってしまった今、かなり助かるアプリだと思います。
 
あと、うまい使い方だなーと思ったのはこちら。
 
「自宅に家具を置いてみる」イケアのARアプリ

家具を買うときって、部屋のサイズに合うのか、部屋の雰囲気に合うのか、かなり迷うと思います。
でも、服と違って試着なんてことはできない。家具を運ぶだけでかなりお金がかかっちゃいますからね。
その悩みを解決することができるのが、まさにこのアプリ。
このアプリはIKEAの製品だけだとは思いますが、どんな家具でも写真を数枚とれば同じことができる、っていうアプリができたらかなり流行ると思います。
自分は絶対買いますわ。

後は、医療だったり、車の販売だったり、おもちゃだったり、様々な分野でARが適用されていっているようです。

AR(拡張現実)で、手術中、iPad越しに"重要な血管”を重ねて表示するアプリが登場
 
クルマの取扱説明書に代わる拡張現実アプリ:アウディ

自分が塗ったぬりえが3Dでバリバリ動く『colAR Mix』に大興奮

そのうち、結婚指輪とかのプレゼントもARで見せておいて、本物を後から渡す、みたいな世界になるかも知れませんね。
 
 男性が女性に対してモバイル端末を渡す。
 ⇒そのモバイル端末を使って左手にカメラを向け見ると指輪が。
 ⇒驚いて男性を見る女性。
 ⇒そこには、本物の結婚指輪が。

みたいな。
 
いやー、ARって考えだすとおもしろそうなことが色々できそうでワクワクします。
是非、みなさんも面白いサービスや機能を考えてみてはいかがでしょう? 

関連記事: